東京湾岸地域振興デジタル無線システム

東京湾岸地域振興協会とは

東京湾岸地域振興協会は、東京湾岸地域産業の振興発展に寄与するため、関係業界が中心となり2016年3月に発足した組織団体です。
東京湾岸地域振興協会は、総務省 関東総合通信局により正式に免許を受け、無線通信事業を開始することになりました。

概要

名称 東京湾岸地域振興協会(Tokyo Bay Regional promotion Association)
設立 2016年3月
代表 会長 伊東 堅(株式会社船清 代表取締役)
本部所在地
〒140-0013 東京都品川区南大井6-24-10 カドヤ第10ビル9F(株式会社テレコム内)
TEL:03-3762-5095
事業内容 東京湾岸地域振興デジタル無線システムに関する事業
関係省庁 総務省 関東総合通信局

会長あいさつ

私は品川で生まれ育ち、東京湾を職の場として東京湾と共に生きて来ました。
東京湾も大きく変貌を遂げる中、現在では屋形船・クルーザー・平船などで東京湾の魅力を生かした仕事を致しております。東京湾岸エリアで長く仕事を続けておりますと地域に対する思いや責任を感じる事があります。
そんな折、東京湾岸地域振興協会の会長に就任させていただく機会を得、微力ながら、地域への貢献を行って参りたいと考えております。東京湾岸エリアは、まさに日本経済の中心であり、海外からも多くのビジネスマンや観光客が訪れる世界有数の地域でもあります。その様な東京湾岸エリアに、総務省より専用波を免許された地域特化、地域初のデジタル無線システムを開局することが出来ました事は大変喜ばしい事です。
東京湾岸地域振興デジタル無線システムは当協会により、運営された自営無線システムで、自営無線システムは震災、災害などの非常時に地域の方々の安全を確保する、重要な連絡手段としての活用が期待されております。又、日常では地域産業の振興にも役立てていただける通信システムでもあります。
東京湾岸地域振興協会といたしましても地域振興無線を通し多くの企業、公共団体や地域住民の皆様のご意見を賜りながら、お役に立てる活動を積極的に行って参りたいと思っておりますので、皆様のご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

東京湾岸地域振興協会 会長 伊東 堅

東京湾岸地域振興協会 会長あいさつ